>>カテゴリー:プロダクト紹介 一覧

<<<一覧へ戻る

ENGINE No.161 (2014年2月発売号)

「アイウェアは“横顔”で選ぶ!」

執筆2P担当


語れる機能を備えたアイウェアのページを担当しました。ここぞとばかりに大好きなアクティヴィスト アイウェアを推しました(笑)。それにしてもENGINEのアイウェア特集はモデルカットがいちいちイケてます。

HOOK 1号 (2013年10月発刊)

「いま、注目のメガネフレーム」

執筆約2P担当


メガネライターや編集者が集まって創刊した「HOOK」の2号目です。実は、あえてブランド名を見出しとして立てずに、メガネのデザインだけで見てもらおうと言う意図がありました。

眼鏡Begin vol.15 (2013年10月発売号)

「モスコット大研究」

編集6P+執筆6P担当


アメリカンビンテージの金字塔、モスコットを6Pにわたって大研究。レムトッシュ、ミルゼン、ユケルの3モデルが約半世紀もずっと人気なのが凄い。手間のかかるメタルフレームが意外と安いのも驚き!

眼鏡Begin vol.15 (2013年10月発売号)

「イイ眼鏡の見分け方」

執筆15P担当


「巷の安いメガネとセレクト系の高いメガネは何が違うのか?」。ある意味、業界のタブーに迫った非常にチャレンジングな企画です。取材では蝶番の埋め込み方からテンプル芯材の形状の違いまで、かなり深いところまで掘り下げました。

眼鏡Begin vol.15 (2013年10月発売号)

「アイウェア ヘッドライン ニュース」

執筆9P担当


テレビジョンカットやセル巻き、ケーブルテンプルにクリップオンと、変化球のクラシックメガネがやたらニュースネタに多かったです。個人的にはファクトリー900とテオのコラボモデルをいち早くスクープできたのが嬉しかった!

ENGINE No.154 (2013年5月発売号)

「語れるメガネ8傑」

編集約1P担当


ハイエンドなクルマ雑誌ENGINEのアイウェア特集でお声掛けいただきました。伊藤美玲さんや加藤亮介さんらメガネライター3人が集まって、春の展示会からグッときたブランドをセレクト。僕はアクティヴィスト アイウェアやUSH推し!

眼鏡Begin vol.14 (2013年5月発売号)

「カザール大研究」

編集6P+執筆6P担当


Bボーイのバイブル、カザールを大研究。調べて見ると80年代のアメリカでカザールをめぐって複数の殺人事件が起こったほど、当時の“フィーバー”ぶりは凄かったんです。あと、カリ・ツァローニ氏追悼モデルの607は激シブです!

眼鏡Begin vol.14 (2013年5月発売号)

「決定!モテる眼鏡!!」

執筆13P担当


第一特集の執筆を担当。男女の永遠の悩み“モテ”に真っ向から挑みました。メガネフィッターの森 一生さんにインタビューしましたが、森さんは京都出身で90年代からメガネ業界に入った方でとても話がはずみました。

眼鏡Begin vol.14 (2013年5月発売号)

「アイウェア ヘッドライン ニュース」


90年代のデッドストックや80Sのビンテージ、ボストンクラブ復刻など、リバイバルネタが多かったヘッドライン。流行は繰り返すと言いますが、メガネも70年代にハウスブランドが生まれて、ようやく折り返し地点にきた感じがしました。

DIME 02 03 (2013年1月発売号)

「メガネ選びの新方程式」

執筆4P担当


DIME初の大メガネ大特集ということで、スタイリストの嶺井 淳君からご紹介いただいたお仕事。全国のキヨスクでも売られているメジャーな雑誌でコアなメガネ特集をやってもらえたのは嬉しい限り。もっとメガネ特集が増えてほしいな。

眼鏡Begin vol.13 (2012年10月発売号)

「ラフォン大研究」

編集6P+執筆6P担当


僕のなかでフランスらしいメガネといえばラフォンとアン・バレンタイン。そのラフォンを大研究。レディースのイメージがありましたが、デザイナーがトーマ氏に変わってメンズも充実。カーボンの使い方が上手いなと思いました。

眼鏡Begin vol.13 (2012年10月発売号)

「アイウェア ヘッドライン ニュース」

執筆9P担当


定例のヘッドラインはイタリア最古のブランド、ロッツァが新鮮でした。アメリカでもイギリスでもないクラシックスタイルは、華麗なラミネートや多色使いで大人っぽく落とし込まれています。価格も2万円前後と安いのがいい!

眼鏡Begin vol.12 (2012年5月発売号)

「シャルマン大研究」

編集6P+執筆6P担当


鯖江の“シャルマン帝国”に潜入してきました! 大理石のエントランスに超巨大工場と、地元の優良企業感をヒシヒシと感じました。また、地味なシャルマンがバンカーや弁護士など“固い職業”に人気なのも自分としては盲点でした。

眼鏡Begin vol.12 (2012年5月発売号)

「『買い』のキーワード10」

執筆11P担当


第一特集の原稿を担当しました。このときは完全にバートン・ペレイラ推し! 技法やデザイン的に珍しいことをやっている訳でもないのに、とても新鮮な存在に感じました。元オリバーピープルズの安定感というか、王道感も魅力のひとつ。

眼鏡Begin vol.12 (2012年5月発売号)

「アイウェア ヘッドライン ニュース」

執筆9P担当


復活したタート オプティカルの50年代アーネルを紹介しましたが、メガネをあまり知らない読者にどこから説明するかに悩みました。イエローズプラスの新作“ソフトセル”はバリエが少ないコンビの新たな表現で新鮮! といってもドイツ発祥の古くからある技法なんです。

眼鏡Begin vol.11 (2011年10月発売号)

「オリバーピープルズ大研究」

編集6P+執筆6P担当


帝王ブランド、オリバーピープルズを大研究。クラシックの王道というイメージがありますが、僕は上品で完成されたフォルムのスクエアも大好きです。しかし、愛用のセレブや映画登場の多いこと。アメリカと言えば、OPなのです。

眼鏡Begin vol.11 (2011年10月発売号)

「アイウェア ヘッドライン ニュース」

執筆6P担当


僕の大好きなアクティヴィスト アイウェアの新作を紹介。メタルボストンがカッコいい。アイシー! ベルリンの“非対称過ぎる”メガネも面白い。このときは原稿が重なり過ぎて、ヘッドラインを全ページ担当できませんでした……無念!

眼鏡Begin vol.10 (2011年5月発売号)

「ボストンクラブ大研究」

編集6P+執筆6P担当


レギュラーのワンブランド大研究はボストンクラブです。小松原社長やデザイナーの笠島さんに取材しました。ジャポニスムはもともと海外向けにつくったブランドで、創業年にミド展やシルモ展に出展していたことが驚きでした。

眼鏡Begin vol.10 (2011年5月発売号)

「アイウェア ヘッドライン ニュース」

執筆9P担当


定例のヘッドライン。ダイアルをくるくる回して、視力を調整できるアドレンズが衝撃的でした。今でこそアドレンズは話題になっていますが、当時まったく無名だったこのネタを引っ張ってきたスタイリストの嶺井 淳君はさすが!

眼鏡Begin vol.09 (2010年10月発売号)

オリバーゴールドスミス大研究

編集6P+執筆6P担当


こちらも定例のワンブランド大研究企画。旬のオリバーゴールドスミスでは、コンスルの3サイズを試し掛けしました。当時は「gモデル」が自分の顔には少し大きいと思っていましたが、いま見ると意外と普通サイズに見えますね。

1 2